弁護士法人プロフェクト法律事務所 京都事務所

icon_seach京都府及び全国エリア対応

弁護士法人プロフェクト法律事務所 京都事務所事務所写真
川田 拓志 (カワダ タクシ)
弁護士法人プロフェクト法律事務所 京都事務所 所属
この事務所の情報を自分や家族・友人等に、メールで送る事ができます。

過払い金のご相談は、まずはお電話ください!

通話料無料 携帯電話からの通話も無料
0120-515-035 お電話でのお問合せの流れ
事務所名事務所名 弁護士法人プロフェクト法律事務所 京都事務所
営業時間営業時間 電話受付:09:00〜24:00
(土・日・祝も対応しています)
住所住所 京都府京都市下京区四条通烏丸西入函谷鉾町101番地アーバンネット四条烏丸ビル7階
最寄駅最寄駅 ・京都市営地下鉄 烏丸線「四条」駅下車
・阪急電鉄 京都線「烏丸」駅下車
→24番出口直結

※ラクエ四条烏丸とは別の、四条通に面したオフィス専用エントランスからお入り下さい。

プロミス過払い金のポイント

プロミスへの過払い金のご相談なら、プロフェクト法律事務所へ!【詳細を忘れていても、業者名だけわかればOK!】

【少しでもプロミスへの過払い金にお心当たりのある方は、お気軽にご相談ください。】

◆プロフェクト法律事務所は、お客様総合満足度97.97%以上の評価◆
※2015年3月時点

【このようなことで迷っていらっしゃいませんか?】

・完済してからもう何年も経ってしまっている…
→10年以上経過していなければ大丈夫です!

・もうずっと返済しているけれど、まだ借金が残っている
→返済中の方でも過払い金が発生している可能性があります

・明細や契約書、カードなどがもう手元にない
→ご安心ください。取引の履歴は当事務所が取り寄せます。

・借りた業者の名前しか思い出せない
→もちろん、大丈夫。業者の名前だけでもお申込みいただけます。

私たちプロフェクト法律事務所は、万が一過払い金が回収できない場合、弁護士報酬・着手金など一切いただいておりません。
また、過払い金の調査も無料です。明細や契約書がなくても業者名だけわかれば大丈夫です。

費用目安

≪プロフェクトでは過払い金に関するご相談は無料です!≫

【着手金】
無料

【回収報酬】
現実の回収額の21.6%(最低額54,000円)

【訴訟手数料】
54,000円(1業者につき)

【訴訟実費】
印紙・切手代のみ(通常、数千円~20,000円程度です)

【減額報酬】
なし

相手方と和解契約(口頭によるものも含みます)が成立するまでは、いつでも途中で手続をとりやめることができます。
※但し、正当な理由なく手続をとりやめられる場合には、手続進行段階に応じて以下の報酬をご請求します。
1.過払い金返還請求手続に進んだ後。
一律54,000円をご請求します。
2.相手方から和解提案があり、当事務所の弁護士において、その内容で和解を成立させることが依頼者の正当な利益を守る上で必要かつ合理的であると判断した後。
和解提案額の21.6%(但し、最低54,000円)相当額をご請求します。

事務所メッセージ

事務所概観

【プロフェッショナルだからこそできることがあります】

「弁護士に相談したい悩みがあるけど、ちゃんと話を聞いてくれるのかな」
みなさま、「弁護士」や「法律」と聞くと、自分とは遠いイメージで敷居が高いと感じていらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、法律は毎日をもっと暮らしやすくするものであり、あなたの味方なのです。
プロフェクト法律事務所なら、あなたに合った解決方法がきっと見つかります。
不安や悩みはお一人で抱えず、私たちにお預けください。

事務所概要

事務所名 弁護士法人プロフェクト法律事務所 京都事務所(ベンゴシホウジンプロフェクトホウリツジムショ キョウトジムショ)
所在地 京都府京都市下京区四条通烏丸西入函谷鉾町101番地アーバンネット四条烏丸ビル7階
大きな地図で見る
代表者名 大谷 哲生
所属弁護士会 京都弁護士会
営業時間 電話受付:09:00〜24:00
(土・日・祝も対応しています)
最寄駅 四条 烏丸
取扱地域 全国エリア

プロミスとは?

MBCコンシューマーファイナンス株式会社(旧 プロミス株式会社)は、株式会社三井住友フィナンシャルグループに属する貸金業者です。 プロミスは、2012年7月1日より、社名をプロミス株式会社から「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社」へと変更しました。 「プロミス」という名前は、サービス・ブランドとして継続されます。 プロミスは、「マネーにもマナーを!」「チェックしてプロミス」「黄色い看板プロミス」などのCMフレーズが有名です。 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社(旧 プロミス株式会社)は創業の精神である「庶民金融の理想を追求し、その限界に挑戦する」を踏まえ、企業が行動すべき企業理念として「存在理念」、「経営理念」、「行動理念」を定めています。