STS法務司法書士法人 新橋支店

icon_seach東京都に対応

STS法務司法書士法人 新橋支店事務所写真
小松原 拓 (コマツバラ タク)
STS法務司法書士法人 新橋支店所属
この事務所の情報を自分や家族・友人等に、メールで送る事ができます。

過払い金のご相談は、まずはお電話ください!

通話料無料 携帯電話からの通話も無料
0120-740-159 お電話でのお問合せの流れ
事務所名事務所名 STS法務司法書士法人 新橋支店
営業時間営業時間 平日・土日ともに午前10:00から
住所住所 東京都港区港区西新橋1-18-6クロスオフィス内幸町603
最寄駅最寄駅 「内幸町」駅 内幸町A3出口より徒歩2分
「虎ノ門」駅 1番出口より 徒歩5分
「新橋」駅 日比谷口より徒歩6分
「霞ヶ関」駅 C3出口より徒歩7分

プロミス過払い金のポイント

≪過払い金の引き直し計算が無料!!≫プロミスへの過払い金が発生しているか確認しましょう!

≪今の返済の金利は高すぎませんか?もしかしたらあなたも金利を払いすぎているかもしれません。)

高すぎる金利(法定利息を超える金利)で返済していると、金利だけを返済していて残元金がなかなか減りません。
しかし、法定利息に基づき再計算をすると、借金を大幅に減らす事ができるのです。また、高すぎる金利(法定利息を超える金利)での返済が長く続いている場合、元金を超えて支払ってしまっている場合があります。
この場合、過払い金返還請求をしてお金を取り戻す交渉ができます。

引き直し計算することで、最初に借り入れをしたときに遡り、「当初から利息制限法の利率で借り入れや返済を行っていたとしたならば、現時点でどうなっているか」ということを求めます。
もちろん契約の利率よりも下がるわけですから、これまで利息に充てられていたものの一部が元本に充当されることになるため、現時点の借入残額より少なくなります。

まずは、過払い金が発生しているか一緒に確認しましょう。引き直し計算や相談は無料です。

費用目安

■相談料
過払い金・任意整理・個人再生・自己破産など債務整理に関する相談は無料

■着手金
1件20,000円
ただし、債務額が20万円以下の場合債務額の10%とします。
(完済案件は、頂きません)

■成功報酬
1件20,000円

■減額報酬
債権者の請求金額から減額された金額との差額の10%
(完済案件は、発生しません)

■過払報酬
回収(返還)額の20% (裁判の場合も変わりません)

個人再生&自己破産はご依頼内容により異なりますのて、詳しい料金についてはお問い合わせ下さい。
過払い金の返還の訴訟を行う場合、別途訴訟費用がかかります。                         
原則、司法書士費用は分割で承っておりますが、過払い金が発生した場合は、過払い金から相殺できますますので自己負担が少なくてすみます。

*尚、すべて税別の金額になります。

過払い金のご相談は、まずはお電話ください!

通話料無料 携帯電話からの通話も無料
0120-740-159 お電話でのお問合せの流れ

事務所メッセージ

事務所概観

STS法務司法書士法人は東京、神奈川、福岡に店舗を構える司法書士法人です。
STSは、身近な法律のお悩みについて、いつでも相談できるあなたの街の法律家を目指しております。
一人でお悩みにならず、STS相談専用ダイヤルにお気軽にご連絡下さい!

事務所概要

事務所名 STS法務司法書士法人 新橋支店(エスティーエスホウムシホウショシホウジン シンバシシテン)
所在地 東京都港区港区西新橋1-18-6クロスオフィス内幸町603
大きな地図で見る
代表者名 小松原 拓
所属司法書士会 東京司法書士会
営業時間 平日・土日ともに午前10:00から
事務所ページ https://www.sts-saimu.com
最寄駅 内幸町 新橋 虎ノ門 霞が関
取扱地域 東京都

過払い金のご相談は、まずはお電話ください!

通話料無料 携帯電話からの通話も無料
0120-740-159 お電話でのお問合せの流れ

プロミスとは?

MBCコンシューマーファイナンス株式会社(旧 プロミス株式会社)は、株式会社三井住友フィナンシャルグループに属する貸金業者です。 プロミスは、2012年7月1日より、社名をプロミス株式会社から「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社」へと変更しました。 「プロミス」という名前は、サービス・ブランドとして継続されます。 プロミスは、「マネーにもマナーを!」「チェックしてプロミス」「黄色い看板プロミス」などのCMフレーズが有名です。 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社(旧 プロミス株式会社)は創業の精神である「庶民金融の理想を追求し、その限界に挑戦する」を踏まえ、企業が行動すべき企業理念として「存在理念」、「経営理念」、「行動理念」を定めています。