山本健吾司法書士事務所

icon_seach山口県・島根県・広島県に対応

山本健吾司法書士事務所事務所写真
山本 健吾 (ヤマモト ケンゴ)
山本健吾司法書士事務所 所属
この事務所の情報を自分や家族・友人等に、メールで送る事ができます。

過払い金のご相談は、まずはお電話ください!

通話料無料 携帯電話からの通話も無料
0037-6030-13300 お電話でのお問合せの流れ
土日も対応可
事務所名事務所名 山本健吾司法書士事務所
営業時間営業時間 平日 9:00~18:00   ※土日・祝日については事前にご連絡いただければ対応いたします。
≪電話受付:年中無休 9:00~20:00 ≫
住所住所 山口県岩国市錦見1丁目3番61-2号
最寄駅最寄駅 西岩国駅より徒歩13分・車で4分
国道2号線沿い、岩国地区消防組合西消防署向かい≪駐車場4台あり≫

プロミス過払い金のポイント

≪電話受付:年中無休≫≪無料出張相談受付中!≫≪初期費用0円≫※島根県の方のご相談は、「益田市・浜田市・江津市」にお住まいの方のみ受け付けております。

≪プロミスへの過払い金返還請求のことなら、安心して山本健吾事務所におまかせください!≫

*過払い金返還の請求権の時効は、最終取引から10年です!
*消費者金融の財務状況が悪くなったり、倒産すると、過払い金の返還が難しくなります!

≪山本健吾司法書士事務所 では、山口県岩国市だけでなく、熊毛市、柳井市、大竹市エリアからの過払い金返還請求・債務整理のご相談者が多数ご来所頂いております≫

過払い金返還請求などの債務整理は、手続きを遅らせて良いことはありません。
一円でも多く取り戻すためにも一刻も早い行動が必要となりますので、山本健吾司法書士事務所では、過払い金返還請求について「迅速な回収」を基本としております。
過払い金請求など借金問題でお悩みの方はお早めにご相談ください。
もちろん相談料は無料です。

費用目安

◇相談料は無料です。
費用については低額に設定にさせて頂いておりますが、それでもなお、お支払いが困難な場合には柔軟性をもってご相談に応じます。お気軽に見積りをお申し付けください。 

≪任意整理費用≫
■債権者1社につき31,500円(税込)
■過払い金返還報酬 21%(税込)
■裁判実費(印紙、切手、謄本代)

≪過払い金返還請求費用(完済済みの場合) ≫
■過払い金返還報酬 21%(税込)
■裁判実費(印紙、切手、謄本代)

≪自己破産費用≫
■報酬20万円~
■申立実費(印紙、切手、謄本代)

≪個人再生費用≫
■報酬30万円
■住宅資金特別条項を定める場合は35万円
■申立実費(印紙、切手、謄本代)

過払い金のご相談は、まずはお電話ください!

通話料無料 携帯電話からの通話も無料
0037-6030-13300 お電話でのお問合せの流れ
土日も対応可

事務所メッセージ

事務所概観

私ども山本健吾司法書士事務所は、山口県岩国市を拠点に、平成23年4月1日に開業いたしました。
まだまだ若い事務所ではございますが、フットワークの軽さ、法改正への柔軟な対応、新分野への挑戦など、 向上心と情熱をもって、地域の皆様のお役に立てるよう研鑽・努力していく所存でございます。
相談料は無料ですので、お気軽にご来所いただき、みなさまの身近な暮らしの中で生じた法律トラブルの相談窓口として山本健吾司法書士事務所をご利用ください。

事務所概要

事務所名 山本健吾司法書士事務所(ヤマモトケンゴシホウショシジムショ)
所在地 山口県岩国市錦見1丁目3番61-2号
大きな地図で見る
代表者名 山本 健吾
所属司法書士会 山口県司法書士会
営業時間 平日 9:00~18:00   ※土日・祝日については事前にご連絡いただければ対応いたします。
≪電話受付:年中無休 9:00~20:00 ≫
最寄駅 西岩国
取扱地域 山口県 島根県 広島県

過払い金のご相談は、まずはお電話ください!

通話料無料 携帯電話からの通話も無料
0037-6030-13300 お電話でのお問合せの流れ
土日も対応可

プロミスとは?

MBCコンシューマーファイナンス株式会社(旧 プロミス株式会社)は、株式会社三井住友フィナンシャルグループに属する貸金業者です。 プロミスは、2012年7月1日より、社名をプロミス株式会社から「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社」へと変更しました。 「プロミス」という名前は、サービス・ブランドとして継続されます。 プロミスは、「マネーにもマナーを!」「チェックしてプロミス」「黄色い看板プロミス」などのCMフレーズが有名です。 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社(旧 プロミス株式会社)は創業の精神である「庶民金融の理想を追求し、その限界に挑戦する」を踏まえ、企業が行動すべき企業理念として「存在理念」、「経営理念」、「行動理念」を定めています。